eMAXISの新興国株式をSlim化しました

f:id:sky_world:20170804211942j:plain

8月2日よりSBI証券にて、新興国株式クラス最安のeMAXIS Slim 新興国株式インデックス(信託報酬 0.3762%、信託財産留保なし)の取り扱いが始まったことから、早速乗り換えました。

これまでポートフォリオ新興国株式クラスでは、次の2つのインデックスファンドを購入してきました。

 eMAXIS 新興国株式インデックス(信託報酬 0.648%、信託財産留保 0.3%)

 ・たわらノーロード 新興国株式(信託報酬 0.5346%、信託財産留保 0.3%)

今回はNISA口座の利益確定も兼ねて、eMAXIS 新興国株式インデックスを全額売却し、特定口座にて同額のeMAXIS Slim 新興国株式インデックスを買付ました(Slim化)。

通常、投信の売却乗換は売却時の利益に対する課税から、損失時以外は望ましくないです。
しかし、NISA口座であれば信託財産留保額は取られますが、売却益は非課税のため気軽に乗換ができます。

投資金額は変わらず、ファンドと管理口座が変わるだけなので、バイ・アンド・ホールドの姿勢には何ら変わりはありません。

なお、時期を見てたわらノーロードもeMAXIS Slimに切り替えようと思います。その前に、たわらノーロードが信託報酬の引き下げと信託財産留保の撤廃を行ってくれることを期待します。