2018年8月 リスク資産の状況

2018年8月のリスク資産の状況を確認します。

ポートフォリオの構成

f:id:sky_world:20180827235600p:plain

新興国クラスがポートフォリオの30%近くを占める明らかなオーバーウェイトに。156616582520と国内ETFを調子に乗って買いまくったせいですね(笑)
一方で日本債券+先進国債券は、目標の15%をわずかに下回ってしまいました。

しかし、全体としては着実に目標のポートフォリオに近づいており概ね予定どおり。*1

今後の課題は、オーバーウェイトを理由に割安水準の新興国クラスへの投資を止めるかどうかです。これはちょっと悩ましいところ。

リスク資産の推移

f:id:sky_world:20180829233700p:plain

運用額は、対前月比+6.0%伸びています。
スポット購入が多かった分、いつもより増加率は高めです。

リスク資産の損益状況

f:id:sky_world:20180829233638p:plain

 時点リターン +7.5%
 1年リターン +9.7%
 通算リターン +6.5%

時点リターンは前月から△1.0%となっています。

アセットクラス別の損益状況

f:id:sky_world:20180829233755p:plain

■株式クラス
 先進国は横ばい、その他は下落です。全世界(VT)もほぼ横ばいなのは先進国の比率が高いからでしょう。
■債券クラス
 先進国と新興国のリターンが逆転しました。先進国が伸びているというよりも、先日のトルコショック等で新興国が下落しているといったところ。日本債券も若干の下落。
■リートクラス
 先進国が絶好調。日本との差を広げていますが、いずれもプラス圏で推移しており、低迷時も粛々と積み立ててきたことが報われています。

NISAの残枠

NISA枠@2018年8月末 449,280円

残り4ヶ月ですので、単月あたり112,320円の投資枠が残っています。
積み立てのペースとしてはアンダー気味であるため、海外ETFを少し買い増すか検討します。

*1:グラフは、「バリュートラスト|価値を生む・未来を託す・投資を歩く」さんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用しています。