【1566】上場インデックスファンド新興国債券のポートフォリオを確認

f:id:sky_world:20180809233431j:plain

何やら最近トルコが騒がしいようで、保有している【1566】上場インデックスファンド新興国債券ではどうなっているのか、8月8日時点のポートフォリオを確認してみます。*1

まず、ファンド全体の資産総額は、15,689,609,875円。桁数が大き過ぎて混乱しますが、約157億円です。

内訳は、次のとおり。

種別 割合
現金  0.3%
債券 98.2%
その他  1.5%

当たり前ですが、債券がほとんどです。
続いて、債券の国別の内訳を見てみます。

国名 比率
ブラジル 10.2%
韓国 10.1%
メキシコ 10.1%
マレーシア 10.1%
インドネシア  8.5%
タイ  8.3%
ポーランド  7.0%
南アフリカ  6.8%
ロシア  4.5%
コロンビア  4.3%
フィリピン  3.7%
イスラエル  3.6%
チェコ  3.0%
トルコ  2.7%
ハンガリー  2.6%
ペルー  1.9%
ルーマニア  1.7%
アルゼンチン  0.7%
チリ  0.3%

トルコはどうやら、3%にも満たない低い水準のようです。トルコに限った話でいえば、何かあっても大勢に影響はないでしょう。ただ、もしトルコを原因として、新興国債券に対する不信感が募ったり、世界的な金融危機が起きれば話は別です。

分かってはいますが、改めて名前を見るとブルってしまいそうな投資先が多々(笑)

ちなみにVWOBはこんな感じ。 

f:id:sky_world:20180809233752p:plain

中国がトップの16.7%で、トルコも4.5%入っています。
1566は中国が入っていないんですよね。
債務が膨れ上がっていると折に触れて話題になり、次の金融危機の引き金の最有力候補にとして名前が挙がるだけに中国債券が1566に組み入れられていないことは個人的には良いと感じます。