2018年1月 インデックス投資関係の気になったトピック

f:id:sky_world:20170904234653j:plain

2018年1月の気になったトピックスです。

 

たわらノーロード 国内リート・先進国リートのSBIポイント付与率が減少

保有している身としては悲しいことですが、以下の2ファンドのSBIポイント付与率が0.10%から0.05%に減少します。

 たわらノーロード 国内リート(信託報酬 0.25%)
 たわらノーロード 先進国リート(信託報酬 0.27%)

昨年12月に信託報酬の引き下げに伴い、付与率の見直しのアナウンスがあったのですが見落としていました。

 

大和投資信託の新たな一手、iFree NEXTシリーズ登場

iFreeシリーズでお馴染みの大和投資信託から新たなインデックスファンドが登場しました

 iFreeNEXT FANG+インデックス(信託報酬 0.705%)
 iFreeNEXT NASDAQバイオテクノロジー・インデックス(信託報酬 0.725%)

iFreeNEXT FANG+インデックスは、FaceBookAppleNvidiaGoogleといった米国IT企業セクターに投資するファンドで、ベンチマークNYSE FANG+指数。
iFree NASDAQバイオテクノロジー・インデックスはアメリカの医薬品業界に投資するファンドで、ベンチマークNASDAQバオテクノロジー指数。

行きつくところまで行った低コスト競争に対する新機軸として、iFreeNEXTシリーズは注目です。大和投資信託iFree S&P500ファンド(信託報酬 0.225%)やiFree 新興国債券ファンド(信託報酬 0.22%)などどこか「他社とは違うことをやってやろう!」という意気込みを感じられて好感が持てます。

 

eMAXIS Slimシリーズに日経225が追加

低コスト競争のトップを走るeMAXIS Slimシリーズに日経平均株価をインデックスとするファンドが追加されました。

 eMAXIS Slim 国内株式(日経平均)(信託報酬 0.159%)

個人的には格別興味のあるファンドではありません。
次は国内外のリートあたりがラインナップされるのでしょうか。

 

ニッセイAMが8資産均等型を投入

ニッセイアセットマネジメントが、コスト最安の8資産均等型を投入です。

 <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド(8資産均等型)
  (信託報酬 0.209%)
再びeMAXIS Slimの0.001%下を行くだけの最安戦術とは残念です。<購入・換金手数料なし>シリーズのブランドでどこまで売れるのかでしょうか。あのたわらですらiFreeとeMAXIS Slimに割って入ることができていない状況からすると厳しいでしょうね。

 

eMAXIS Slim 先進国株式インデックスのSBIポイント付与率ダウン

信託報酬を驚異的に引き下げたeMAXIS Slim 先進国株式インデックス(信託報酬 0.1095%)のSBI証券におけるポイント付与率が0.05%から0.03%に引き下げられました。

0にならないだけマシではありますが、ライバル楽天証券が0.048%の付与を継続するだけに些か残念です。 

index-investment-log.hatenablog.com