【NISA】たわらノーロード 先進国株式の元本分を売却!

f:id:sky_world:20171013235109j:plain

一般NISAで積立ていた「たわらノーロード 先進国株式」の元本部分を売却しました。

非課税期間が5年(ロールオーバーすれば10年)の縛りが無ければ、ホールドを継続したいファンドでしたが、含み益が2割を超えてきたので、元本分を回収することにしました。 

長い年月の間に2倍以上に騰貴することがある・・・そのときはまず手持ちの半分を必ず売り放つ。つまり投資の元金だけを預金に戻して確保しておく。したがって、あとに残った株は全く只ということになる。只の株ならいかに暴落しても損のしっこはない。(本多静六著 「私の財産告白」)

個別株ならば2倍どころかテンバーガーもありえますが、先進国株式インデックスの場合は20年の年平均リターンは6.2%*1のため、そっくりそのまま本多翁のやり方と同じというわけにはいきません。
そのため、適当な落としどころとして20%の含み益をメドに元本回収を行いました。

一般NISAでロールオーバーするという選択肢もありますが、取引手数料無料のメリットを最大限活かすため、ロールオーバーは使わず、VTを中心とした海外ETFに投資することにしています。

最近の世界情勢を見ていると、上げ相場はまだ暫く続きそうですが、その分は、VTVYMDCニッセイ外国株式インデックスファンド、そしてたわらノーロード 先進国株式の残りで享受することにします。

なお、回収した元本は一旦キャッシュポジションとして保持し、来年から海外ETFの買い付けに回す予定です。

*1:myindexより